Laxus(ラクサス)偽物バック対策はどうなってるの?

チェック項目 Laxus疑問

ラクサスのレンタルバックを始めてみようと思っている方も、ブランドバックって偽物が流通しやすいから不安に感じてしまう女性は多いハズ。

それに世の女性は、彼氏に貰ったブランドバックを質屋で換金する女性だっているだろから、ラクサスのブランドバックをレンタルして偽物と交換して返却しちゃう人だって居るかもしれないですよね。

では、ラクサスがブランドバックをどう管理しているのか、仕入れから管理、ラクサスってどんな会社!? この3点を調べてみました。

スマホでかんたんブランドバッグ使い放題【ラクサス】

なぜブランドバックというと偽物が浮かぶの?

私達は多くの身の回りの商品を大半は購入という形を取ります。

しかし、例えばお部屋のレンタル、着物レンタル、ビデオレンタル、工機レンタル、介護用品レンタル、レンタカー等々、高い商品や、一時的や一回使えばいい物の場合レンタルという方法を取る事が多いようです。

でもなぜかブランドバックというとすぐに偽物という言葉がセットで浮かんでくるのはやはり、需要が高く、単価が高く、商品が小さい事が偽物を作りやすい理由に挙げられるのかもしれませんね。

ラクサスのお仕事は個人では手の届かない高級な本物のブランドバックをシェアリングする事業。

ではLaxus(ラクサス)のレンタルバックではどの様に本物のブランドバックである事を保証&管理しているのでしょうか?

第3者(お客さん)の立場から調べてみました!

ブランドバックの保証&管理2つのチェック項目!

項目チェック

まず、ラクサスのブランドバックが100%安心である事には2つのチェック項目が挙げられます。

  1. 仕入れたブランドバックが本物である事
  2. レンタル返却されたブランドバックが同一である事

仕入れたブランドバックが本物である事

ラクサスは下記のAACD 日本流通自主管理協会の正会員です。

「AACD」日本流通自主管理協会の正会員。

AACDとは?

日本流通自主管理協会(略称AACD)は、並行輸入品市場での、“偽造品”や“不正商品”の流通防止と排除を目指して、1998年4月に発足した民間団体です。

私たちは、消費者の皆様が安心して買い物ができる、確かなブランド品市場を形成するために、関係諸機関・団体、及び、関連企業等と連携をはかり、「協会」独自の商品取り扱い自主基準を定め、監視・管理システムを確立し、 積極的な活動を展開しています。

公式サイトより

このような第3者機関の偽物の流通防止を目指した団体の正会員である事が、ブランドバックをより厳しい基準で仕入れたり、社会的活動をしている事を証明している事にもなっています。

返却時にブランドバックが同一である事

でもブランドバックレンタルした女性が、偽物にすり替えてしまう事だってありえますよね。

しかし、Laxus(ラクサス)では、貸し出したバックと返却したバックの同一性のチェックを特殊な技術によって行っているそうです。

貸し出したバックと返却したバックの同一性のチェック。

イメージだと、ビデオレンタルだとバーコードが埋め込まれていますよね。だから見えないバーカードみたいのとか、指紋認証みたいなもんかなぁって思いますよね。でもその様な技術は普通に世の中にあると感じますよね。

Laxus(ラクサス)は多数の賞を受賞し社会的な評価を受けている

ラクサスの会社名は、ラクサス・テクノロジー株式会社(2006年創業)と、ものすごく新しい訳じゃないけど、新しめの会社ですね。

又、ラクサスは、上記の様に実に多数の賞を受賞して社会的な高評価を得ているんです。

Laxus(ラクサス)安心ブランドバックレンタル

ラクサスのお仕事は個人では手の届かない高級ブランドバックシェアリング事業。

でもブランドバックというだけで、需要の高さから世間には偽物の流通も。

ラクサスAACDの正会員だったり、貸し出したバックの同一性のチェック、国内の数々の賞を受賞して社会的に評価されてきた点等から、安心を確信できるのではないでしょうか?

これから、ブランドバックのレンタルがもっと身近になっていくかもしれません。今はまだ社会に浸透するにはまだ手前の段階。

これからブランドバックレンタルを試してみたいというあなたは、新しい事は自分で試してみたいと思う行動派なのでは!?

まだみんなやってみてないからこそ先を行っていてカッコいい!! 私と一緒にブランドバックをレンタルして皆より一足お先にブランドバックレンタルを楽しんでみませんか?

スマホでかんたんブランドバッグ使い放題【ラクサス】

コメント

タイトルとURLをコピーしました