ラクサスでブランドバックレンタルに興味はあるけど、、

最悪な話、バッグを紛失してしまったり、盗難されてしまった場合はどうすればいいの? 

ブランドバッグ代を全額請求されるのかも。。20万円とか請求されたら・・・

借りたブランドバックを紛失&盗難されたという最悪なケースを想定して、ラクサス
の一か月無料に踏み出せない女性も多いのかも。

そこで、滅多にない事だけど、ブランドバッグを紛失&盗難された場合どうなるのか?について確認してみました。

Laxus(ラクサス)バック紛失&盗難の場合

ラクサスで借りたブランドバックを、紛失&盗難した場合はどうなるのか? アプリのヘルプによると?

紛失&盗難の場合
紛失場所の最寄の警察緒に紛失届を提出し、直ちにラクサスに連絡するようにとの事です。
紛失&盗難の場合、キズ保証制度は適用されません。

弁償計算

紛失&盗難の場合は、補償金を請求されます。

補償金は新品価格から商品の状態により、ラクサスが算定します。

新品同様の金額が請求されるわけではないようですね。

そもそもバックを紛失なんてあり得るのか?

紛失の疑問

でも、そもそもバックを紛失してしまうなんて事があり得るのでしょうか? 今までの日常を振り返ってみました。

バックを紛失するケース

  • トイレに入ったときに、横の棚や扉のバッグ掛けにバッグを置き忘れた。
  • セミナー等の会場に置き忘れた
  • 電車の網棚に乗せて置き忘れた

等といったケースがありそう。皆さんは他にどんな場面が想定できますか?

ただ私の人生の中で、今まで一度たりとも、バッグをトイレに置き忘れたり、会場などに置き忘れたり、電車の網棚に置き忘れた事は有りません。

でも、人生で一度だけ、電車の網棚に置いたケーキを置き忘れたことがあり、電車の終着駅迄取りに行った思い出が(笑)。この時何度も駅員さんにケーキを置き忘れたって言ってるのに定期ですねって言われて違うんだって~~っていう~笑

キット、バッグとは、手荷物のメインとして持っているものなので、忘れるという事があり得ないんですよね。

私は、20年会社員等で働いて、その間、7,300日バッグを紛失した事はないです。

仮に一回紛失経験があっても、落とし物として交番に届けられてたり、仮に戻ってこなかったとしても、1/7,300、0.0001%しか紛失の可能性は無かった訳です。

ただ、ブランドバッグレンタルの場合、自分の普段のバッグじゃないから、自分のバッグじゃない!と置き忘れる事も!?

バッグを盗難されるケース

盗難の可能性

私としては、ッグを盗難されるケースの方が紛失するケースより可能性としてはあるとは思います。

私自身は今までバッグを盗難された事はないです。でも新聞とかで高齢の女性が、バッグをひったくられそうになったとかの事故って載ってますよね。

まぁその場合はバッグを盗みたいんじゃなくってバッグの中にあるお財布を盗みたいんですけどね。

なので通常、バッグ自体が盗難の対象になるケースは余りないのではないでしょうか?

ただバッグがブランド品なので、特に身近なコミュニティで、ブランドバッグ品目当てで盗難しようとするケースはありそう。

バッグの盗難を防ぐ方法

仮にバッグの盗難の危険性があったとしても、実はちょっとした意識で防げるはずです。

  • バッグを放置しない:仲間内であっても(仲間内だっからこそバッグがブランドだと分かり盗まれやすいかも)、部屋にバッグだけ置いておくというのは絶対やめた方がイイでしょう。
  • 会場ではバッグを膝の上に置く
  • 道路では、車道の反対側にバッグを持つ
  • 海外旅行では治安が余りよくないところには持って行かない

私自身、20年、7,300日バッグを盗難された経験はありません。

仮に一度盗難された経験があったとしても、1/7,300、0.0001%しか盗難の可能性は無かった訳です。

ブランドバッグの紛失&盗難の可能性は異常に低い!

ポイント

ブランドバッグレンタルをして、最悪、バッグを紛失&盗難されたらどうしよう~?と思うと心配で、バッグレンタルなんて出来ない!! と考える女性は多いと思うし、危険を回避する、ある意味全うな考えだと思います。

でも、そのバッグレンタルによる、紛失&盗難の可能性が実は、20年間の会社経験でゼロ%だし、仮に一回経験してても0.0001%でしかない訳です。

そんな小さな危険性のために、ブランドバッグレンタルがどんなモノなのか経験する1か月無料体験を諦めるなんで勿体ない!!

しかもその紛失&盗難だってちょっと意識したら防げるレベルですよね。

ラクサスのブランドバッグレンタルの楽しい生活のスタートを、一か月無料のチャンスを、ちょっとした心配を大げさに捉えて逃さないデね。


おすすめの記事